車を売りたい時の流れや売る方法を紹介

車を売ろうと考えているがどのように売ったら良いのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。車というのは簡単に購入することができないのと同じように、売るのも簡単ではありません。

車を売りたい時の流れや売る方法はどんなものがあるのかを紹介していきます。さらに売る方法について徹底解説をしていきますので、車を売りたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

1.車を売る時の流れは大まかにわけて5つある

まずは車を売る時の流れを紹介します。流れは大まかに分けて5つありますので、1つ1つ簡単に説明していきます。

1-1. ① 車の売り方を決める

昔はディーラーや中古車の販売店などで「下取り」して車を売る方法がほとんどでした。しかし、現代では売り方にはさまざまな方法があります。主な売り方として4つあります。

・ 下取り…新車または中古車へ乗り換えることを前提に、現在持っている車を買い取ってもらう方法

・ 車買取…車買取の専門店または中古車販売兼買取店にて車を買い取ってもらう方法

・ 一括査定…複数の車買取業者へ査定依頼をする方法。お店が決まれば買取方法は「車買取」と同じ

・ 個人売買…オークションや車個人間売買の専門サイトを利用し、個人同士で車の売買を行う方法

1-2. ② 車買取業者(お店)を決める

車買取業者はたくさんの数があります。そのため、車を売るまでの流れや金額が違ってきます。車買取業者を選ぶ際は、金額はもちろんのこと、店舗の詳細も下調べしておきましょう。実際に利用したユーザーの口コミは参考にしやすいでしょう。

1-3. ③ 契約の手続きをするための準備をする

「個人売買」で車を売らない限り、契約の手続きは車買取業者が進めてくれますが、事前に準備したほうが良いことがあります。その準備ができていないと、査定額が低くなってしまう可能性があり、さらに売りたくても売れない状態になることがあります。

事前の準備として特に大切なのが「必要書類」の準備です。「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「自動車納税証明書」など必要になる書類がいくつかあり、中には取得をするのに日数を要するものもあります。現状で書類が揃っているか確認し、ないものに関しては前もって準備をしておきましょう。

また、査定額をアップさせる方法として、「整備記録簿」「スペアキー」「取扱説明書」を準備したり、純正オプションがあればまとめてメモしておいたりするとアップする可能性があります。

1-4. ④ 車を引き渡しする

売買契約を結んだ後は、車を引き渡します。車を引き渡す際は、車内の私物をすべて片付けておきましょう。車買取業者は売買契約にはない物は勝手に処分することができないため、車内清掃もかねて片付けすることをオススメします。

1-5. ⑤ 入金確認をする

一般的には車を引き渡した当日に金額が支払われることがありません。支払われるまでに平均で3~7日かかり、現金ではなく「銀行振込」にて支払われます。査定時におおよその入金日を確認しておきましょう。

入金日は相談することで要望に応じてくれる車買取業者もあるため、必要な方は前もって相談してみましょう。

2.車を売る方法は自分に合った方法を選ぼう

車を売る方法は主に4つあります。それぞれに特徴があるため、ご自身にあった方法を選んだ方が、公開がなく車を売ることができるでしょう。

2-1. 下取り

まず車を「下取り」する際の流れを紹介します。

①ディーラーに訪問し、乗り換え車種を検討

②ディーラーで売る車を査定してもらう

③乗り換え車種と同時に売る車を引き渡し

車を購入するのも、車を売るのも複数の書類が必要になり、複雑な手続きが必要になります。しかしディーラーで新車を購入し、車を下取りしてもらうことにより、手続きを一貫して行ってくれます。そのためご自身に負担が少なく、時間も節約することができるのがメリットになります。

また、売る車を次の車の納車まで乗ってても構わないというメリットもありますが、それを見越した金額査定をするため、他の方法と比べて「査定価格」が安いのがデメリットになります。車を売るのに「とにかく手間をかけたくない」という人は「下取り」がオススメです。

2-2. 車買取

まずは「車買取」の流れを紹介します。

①車買取業者のサイトより車の情報とお客様情報を入力し送信。または電話で査定依頼

②メールまたは電話で連絡があり、訪問日時または出張査定日時を約束

③車を査定してもらう

④査定額に納得できれば買い取ってもらう

車買取業者は中古車の売買をメインに行っているため、早い買い取りが可能です。車を持ち込むだけで査定してくれるため、中にはその場で商談が成立してしまい車を置いて帰ったという方もいるほどです。また、常に最新の相場が分かっていており、他社との差をつけるために査定額を決めるため、ディーラーで下取りするよりかは高く売れることができます。

最新の査定価格が提示されるため、すぐに(遅くても1ヶ月以内)車を手放さなければ査定価格が変わってしまいます。また、1つの車買取業者に絞ってしまうと損してしまう可能性があるのがデメリットと言えます。「下取りよりかは手間は増えるが、それなりのスピード感で高く売りたい」という人は「車買取」がオススメです。

2-3. 一括査定

まずは「一括査定」の流れを紹介します。

①申し込みフォームより車の情報とお客様情報を入力し送信

②入力情報に基づき、複雑の車買取業者が査定を開始

③車買取業者よりメールまたは電話でおよその査定額・出張査定の案内がくる

④査定額を比較し、車を売却

一括査定の最大のメリットとして、複数の車買取業者に査定ができ比較できるため、1番高く売れる店舗がわかります。また、業者間で価格競争が起きるため自然と基準より高い査定額が上がっていきます。

複数の車買取業者から営業の電話が同時にかかってくることと、複数の車買取業者と均衡をしなければならないため、少し時間がかかってしまうことがデメリットになります。車を「とにかく高く売りたい」という人はオススメです。

2-4. 個人売買

まずは「個人売買」の流れを紹介します。

①自分で売ってもいい価格を決める

②個人売買サイトを通じて買い手を募集する

③買い手が見つかり話し合いをし、売却する

紹介した流れは大まかに流れになり、書類等の手続きもすべてご自身で行わなければなりません。専門の知識があったり、車売買の経験があったりしなければ難しいと言えます。また、中古車の個人売買は発展途上で、トラブルも多く起きています。

個人売買のメリットとしては、間に業者が入らないため、マージンを抑えられ、出品側も購入側もお得になることでしょう。ただし輸入車の取引は相場が定まっていないことも多く、トラブルが予想されるためあまりおすすめはできません。

3.まとめ

車を売る方法は主に4つあり、それぞれ特徴がありました。どの方法で車を売るかによっては、売るまでの流れや金額が違ってきます。それぞれの特徴を把握し、ご自身にあった方法で車を売ったほうが、後悔が少ないと言えるでしょう。

「EINS AUTO PLANNING」では、国産車・輸入車の買い取りを主に行っており、ご要望に応えられるように真摯に対応しております。お車を売ろうとお考えの方は、ぜひご相談ください。